障害者雇用について | インターネットでそれぞれの職業の求人情報を確認する

インターネットでそれぞれの職業の求人情報を確認する

趣味や特技が活かせる仕事に就いて楽しもう

障害者雇用について

障害者雇用に対する変化

以前の方が障害者が少なかったように思うのは、今よりもサポート体制が弱く障害者の行動範囲が狭いため、障害者と関わりを持つ人が少なかったからだと思います。そのため、障害者は可哀想というイメージがあり白い目で見る人もいました。また、障害に対する知識がなくどのようなサポートをすれば良いか分からない人も多くいました。しかし最近は、メディアやソーシャルネットワークを活用した情報発信や障害者雇用の促進により、障害者と接する機会も増え障害は個性だと認識されるようになりました。このような意識改革もあり、以前は障害者を敬遠していた企業も、設備のバリアフリー化などサポートを整え積極的に障害者雇用を行うようになりました。

今後の雇用動向について

障害者の雇用について国は、企業に対して雇用する労働者の2パーセントに相当する障害者を雇用するよう障害者雇用促進法を義務付けています。企業側は障害者を受け入れた場合や受け入れるにあたり職場の設備等設置や整備を行った場合に、助成金を受けられるようになっています。障害者雇用促進法によって企業側の負担にならないよう助成金を設け、負担が軽減されるような仕組みになっています。また職業安定所には障害者を対象にした求人があり、障害者専用の相談窓口や年に数回合同面接会が実施されています。このような働く障害者側に対しても受け入れる企業側に対してもサポートされる仕組みが整っていくことにより、今後ますます障害者雇用は増える傾向にあるでしょう。